風営法って何?風俗でお仕事する前に学んでおこう!

風俗店を営むには、風営法という国が定めた法律に従わなければなりません。

 

このルールに違反すると、経営者はもとより、働いてるスタッフや風俗嬢にも影響があるので、風俗のお仕事を始めたいのなら最低限の重要なルールを知っておいた方が絶対にいいです。

 

この機会に風営法の基本的なルールについて覚えてしまいましょう。

最初に覚えて欲しい風営法の基本的なルール

まず、風俗店を開業するためには公安委員会というところに届け出をしなければなりません。

 

もし無届けで営業すれば、警察や行政に摘発されることになります。

 

当然そんな風俗店に勤めていれば、自分が知らなかったとしても警察に連れて行かれることになります。

 

こうしたトラブルを防ぐためにも、自分の働きたいお店がきちんと届け出されている風俗店なのかよく確認するようにしてください。

 

また、風営法によれば、風俗店には18歳未満の方の出入りが禁じられています。

お客様はもちろんのこと、そこで働くスタッフや風俗嬢もです。

 

たまにテレビを見ていると、未成年者を働かせていたと言って風俗店の経営者が摘発され、そこで働いていた女の子も補導されるニュースが流れていませんか?

 

もし自分の働いている風俗店が18歳未満の女の子を年齢詐称させて働かせていたり、高校生をお客様として入店させていたらNGものです。

 

自分も巻き添えになる恐れがあるので、そのようなお店はすぐに辞めた方が身のためです。

風俗店の客引きや営業時間も規制対象内!

実は風営法では風俗店の客引きも規制されていますし、営業時間にも制限があります。

 

具体的には条例に委任されているので、地域ごとに営業時間が異なりますが、自分の働きたいエリアの営業時間のルールを確認し、適正な運営がなされている風俗店なのかよく確認するようにしましょう。

 

表面上はルール内であっても、実際には隠れて営業しているところもあります。

 

その場合、いざ警察に踏み込まれたら当然ながらアウトです。

 

風俗店で働くからには、しっかりとルールを守っているお店に勤めたいものですね。

違法風俗店について

違法風俗店は別名、裏風俗とも呼ばれています。

裏風俗に明確な定義はありませんが、一般的には営業許可を得ていないお店や風営法で認められていない業態のことを指すことが多いです。

 

本デリ、本サロ、一発屋、ちょんの間などがこれに当たるので、このような風俗店では働かないようにしてください。

PAGE TOP