風俗のお仕事中にチップをもらったらどう対応するのが正解?

日本にはあまり馴染みのない習慣である「チップ」。海外旅行に行ったことがある人や海外の映画をよく見る人なら、チップがどのようなものなのか分かっているかもしれませんが、自分がもらう側になることはほとんどないですよね。

 

では、もし風俗店で働いていてチップをもらったら、どのような対応をするのが正解なのでしょうか?

チップはお店のランクに関わらずもらえるときはもらえる

チップというと、なんとなく高級な風俗店でしかもらえないような気がしませんか?実際には、チップに関してはお店のランクはあまり関係ないのです。

 

高級店だからといってチップをたくさんもらえるわけではないですし、普通の価格帯のお店でもチップをくれるお客様が遊びに来ることはあります。

 

しかし、チップは基本的には日本に馴染んでいない文化なので、チップをもらえる機会はそんなに多くはありません。ただ、そのチャンス自体はどんな風俗店にも転がっているので、自分の勤めるお店で頑張っていれば、それを認めてくれたお客様が心付けとしてチップをくれる可能性は大いにあります。

 

また、チップとしてお金を渡してくれるのではなくても、「お釣りはいらないからとっておいて」と少し多めに料金を支払ってもらえることがあります。これもチップの一つと考えていいでしょう。

チップはあくまでも感謝の気持ち!

先程もご説明しましたが、風俗のお仕事をしていると時々チップをもらえることがあります。お金をもらえるのだから嬉しいことは嬉しいはずなのですが、この文化に慣れていないと素直に受け取って喜んでいいのか、それとも何かマナーがあるのかと悩んでしまうこともありますよね。

 

チップというのは、お客様がサービスに対して満足したからという意味の感謝の気持ちと捉えて問題ありません。

 

だからこそ、接客した側として素直に受け取って大丈夫です。厚かましく思われないだろうかと不安になるかもしれませんが、そこは気にせずにきちんとお礼を言って受け取りましょう。

 

ここで大事なのは、金額の大きさによって態度を変えないことです。正直に言えば、数千円プラスされたくらいではそこまで喜べないと感じる女の子も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、ふう子もその気持ちは分かりますが、お客様の前では精一杯感謝の気持ちを込めてお礼を言うようにしましょう。元々接客を気に入ってくれたからこそチップをくれたわけなので、そこでさらに女の子に喜んでもらえたのなら、お客様の方だって嬉しく思うはずです。

 

つまり、次の指名やリピートにも繋がることになります。ほんのちょっとしたチップでも、次に繋がるので素直に受け取って喜ぶようにしましょう。

PAGE TOP