キャンパブの具体的なお仕事内容を徹底解説!

東海地方に住んでる女の子ならご存知かもしれませんが、風俗業界には「キャンパブ」と呼ばれている風俗店があります。

 

このキャンパブがどのような風俗店なのか知らない方のために、今回はキャンパブの具体的なお仕事内容についてご紹介していきます。

そもそもキャンパブってどんな風俗店?

キャンパブとはキャンパスパブの略称で、いわゆるピンサロのことです。

 

名古屋方面では、ピンサロのことをキャンパブと呼んでいます。

 

ピンサロと違うところは20歳前後の若い女の子が多いことです。

 

キャンパブは風俗業界に染まっていない素人っぽい女の子と遊びたい男性に人気のある業種です。

 

お店によってサービス内容は様々ですが、一般的には手コキやフェラチオでお客様を射精させてあげるのがお仕事になります。

 

中にはヘルスサービスのあるお店もありますので、気になることは面接時にしっかりと確認しておきましょう。

キャンパブのプレイ内容

  • お客様に挨拶
  • トーク
  • キス
  • おしぼりでお客様のペニスを拭く
  • 手コキ・フェラチオ

キャンパブのお仕事は、お客様と挨拶した後に服を脱いでもらい、キスから始まり、乳首舐め、それからおしぼりでペニスを吹いてからのフェラチオというのが基本的な流れになります。

 

キャンパブではお客様から責められることはありません。

 

キャンパブはピンサロと同じく店舗内にシャワーがないので、おしぼりでお客様のペニスを拭いた後、フェラチオすることになります。

 

一応、形式上は飲食店として営業の届出を出しているのでシャワーの設置ができないためです。

 

なお、キャンパブにはハンドーコースもあります。

 

こちらのコースは、手コキだけでお客様を抜いてあげるコースです。

 

もしフェラチオするのに抵抗がある方は、ハンドーコースのあるお店で働くといいでしょう。

ファッションヘルスとキャンパブの違いは?

キャンパブは手コキとフェラチオでお客様を抜いてあげますが、ファッションヘルスは手コキとフェラチオに加えてシックスナインや素股もプレイ内容に含まれています。

 

ちなみにキャンパブは下半身へのタッチや指入れが禁止されています。

 

また、キャンパブは飲食店の許可で営業していますが、ファッションヘルスは正式に風俗店としての許可を取って営業しているのが特徴です。

 

そのため、厳密にはキャンパブは風俗店ではないので、本来は女の子が裸になったり、抜きがあること自体が違法行為になります。

 

しかし、警察もそこまで厳しく取り締まっていないのが現状です。

PAGE TOP