なんで嘘の風俗求人情報がこんなに多いの?

風俗のお仕事を長くやっていると、風俗求人情報って大抵は嘘じゃないのかと思うことがあります。

特に関西ではダミーの求人広告が本当に多いです。

 

せっかく地方に出稼ぎに行ったのに、事前に聞いていた日給保証が出なかったり、交通費を全額支給してもらえなかったというようなトラブルもよく耳にします。

 

では、風俗求人情報には何故こんなに嘘が多いのか、今回は詳しく見ていきましょう。

風俗求人情報に嘘が多い理由とは

Googleで「風俗 求人」と検索してみると約390万件のサイトが出てきます。

実はこれらの90%以上が誇大広告だと言われています。

 

検索にヒットしたサイトに書かれている高待遇の求人広告は、ほとんどが嘘だと思っておいた方がいいでしょう。

 

その理由の一つとして考えられるのが、風俗バイトは普通のアルバイトと違って、本当のことやマイナス面を書いてしまうと、誰も面接に来なくなってしまうからです。

 

しかも、他の風俗店が良い条件ばかり書いているので、自分のお店も嘘の良い条件で風俗求人広告を出さないと女の子が面接に来なくなってしまいます。

 

風俗店にとって、良い女の子を確保できないと死活問題になってしまいます。

他の風俗店に良い女の子を取られるのも絶対に避けたいことでしょう。

 

そのため、多少大げさな表現をしてでも、女の子に面接に来てもらおうと思っている経営者が本当に多いのです。

 

どのお店もこのようなことを繰り返しているので、余計に嘘の風俗求人情報が溢れかえってしまいます。

 

ちなみに嘘の風俗求人広告を見破る方法を知りたい方は、以下にまとめておいたので参考にしてくださいね。

ふう子は風俗店の肩を持つ気は一切ありませんが、風俗求人情報とはそのようなものだと思っておいた方が無難です。

 

また、風俗業界に限らず、多少条件を盛って書くのはどんな業種にでもあることだと思います。

風俗求人サイトでよく見かける嘘の文言

風俗求人サイトを見ていると、以下のような文言をよく見かけませんか?

  • 「大◯枚以上」
  • 「脱がない、舐めない、触らせない」
  • 「日給保証アリ」
  • 「入店祝い金○○万円プレゼント」
  • 「面接交通費支給」
  • 「採用率100%」

実はこれらの高待遇の条件は、女の子を面接に来させるための嘘の内容、もしくは風俗店側が魅力を感じた女の子にのみ出している条件なのです。

 

ひどい風俗店になると、お客様一本あたりの手取りも多めに書いているお店まであったりします。

 

もちろん全部が全部嘘だというわけではありませんし、真面目に経営している風俗店もたくさん存在しています。

 

最近では、『365日マネー女子宣言!』みたいに誇大広告を規制したり、風俗求人サイトに掲載するお店の審査基準を厳しくしているサイトもあります。

 

あなたはこのような嘘の文言に騙されないように、面接に行く前にしっかりと風俗求人広告に書かれている内容が本当なのかどうかを確認しておきましょう。

面接に行って、騙されたと気づいたときの対処法

風俗求人広告に書かれていた内容を信じて、いざ面接に行ってみると、実は嘘の情報だったとなると本当にガッカリですよね。

 

この場合、容姿レベルがお店の求める基準に満たしていないので日給保証などが出なかった場合と、風俗求人広告の内容が最初から嘘だった場合の二つのパターンが考えられます。

 

実はバック率にしても、女の子の容姿レベルによって変わってきたりします。

 

もし面接に行って、安いバック率を提示されたのなら、あなたの風俗嬢としての価値がそれくらいだと判断された可能性があります。

 

この場合、諦めて他のお店を探すか、もう一度交渉してみるしかありませんが、問題は風俗求人広告の内容が最初から嘘だった場合です。

 

もし面接官の話が少しでも怪しいと思ったのなら、「事前に聞いていた内容と話が違うので、一度考えさせて頂きます!」とキッパリ断るようにしましょう。

 

一番最悪なのは面接官に説得されて、そのまま入店してしまうことです。

 

風俗店はそのお店だけではありませんし、もしそのお店が気になっているのなら、後日もう一度面接を受けに行っても何も問題はありません。

 

ふう子はこのような事態を避けるために、初めから大手グループ店に絞って面接を受けるようにするのもいいと思います。

PAGE TOP