キャバクラと風俗バイトの違いを徹底解説!

女の子がお金に困ったときに、真っ先に思い浮かべるのが夜のお仕事のことだと思います。

 

夜のお仕事にはキャバクラと風俗のお仕事がありますが、どちらの方が高収入稼げるかご存知でしょうか?

 

また、キャバクラと風俗の違いはご存知でしょうか?

 

今回はキャバクラと風俗のお仕事の違いについてご紹介していきます。

キャバクラと風俗のお仕事内容の違い

まずキャバクラは、お客様にお酒と女の子との会話を楽しんでもらうための場所です。

 

そのため、キャバクラ嬢は男性客と一緒に席につき、お酒の用意をしたり、会話を盛り上げてお客様に楽しんでもらわなければいけません。

風俗みたいに性的なサービスがないのが特徴です。

 

ちなみにキャバクラにもいくつか種類があるのですが、セクシーキャバクラ、いわゆるセクキャバやランジェリーキャバクラなども存在しています。

 

こちらのお仕事は多少アダルトな要素が含まれています。

 

セクキャバは、お客様にお酒と女の子との会話を楽しんでもらうための場所というのは通常のキャバクラと同じですが、それに加えて女の子はトップレスで接客することになります。

 

お客様に胸を触られたり、キスをされたりするところが通常のキャバクラと違うところです。

 

ランジェリーキャバクラは下着姿のまま接客するキャバクラのことです。

こちらはお触りは一切ありません。

 

なお、キャバクラで本気で稼ごうと思えば、お店以外でも営業をしなければいけません。

 

しかもお客様に気のあるフリをして営業をかけるために、当然自分の携帯番号も教える必要があります。

 

そうすると、勘違いしてひっきりなしに電話してくるお客様が必ずいたりするものです。

 

お酒を飲むのも好きだし、お話をするのも好きな女の子でも、そういうお客様の相手をするのに疲れてしまってすぐに辞めてしまう人がたくさんいます。

 

キャバクラは特に面倒臭がり屋の女の子には向いていないお仕事だと言えます。

 

次に風俗のお仕事の特徴を書くと、こちらは手や口を使って性的サービスを行うところになりますが、キャバクラみたいにお客様のお酒の相手をすることはありません。

 

中には、オナクラや性感エステみたいなソフトサービス系の風俗店もありますが、ファッションヘルスやデリヘルは抜きあり、ソープランドのお仕事になると本番行為もあります。

 

例えば、ファッションヘルスの場合だと、お客様から指名されると一緒にプレイルームに入り、キス・フェラチオ・素股などの性的プレイでお客様を楽しませてあげるのがお仕事になります。

キャバクラと風俗はどちらの方が稼げるの?

では、キャバクラと風俗のお仕事はどちらの方が高収入稼げるのか、どちらの方が大変なのかを比較していきます。

 

しかし、キャバクラも風俗も、頑張れば頑張った分だけ高収入を期待できるお仕事だということは覚えておいてくださいね。

金銭面

リスクが大きい分、もちろん風俗のお仕事の方がお給料が高いです。

 

指名客をたくさん持っている人気の風俗嬢になると月に200万円以上、キャバクラの5倍以上も稼いでる女の子もいます。

 

ちなみに風俗のお仕事は完全歩合制なので、お客様に指名されるごとにお給料が発生します。

 

だいたいお客様が支払う料金の50〜60%があなたの取り分になります。

 

もしその日、誰にも指名されなければ、どれだけお店に待機していてもその日のお給料は0円になります。

 

キャバクラの場合は、ほとんどのお店がポイントスライド時給制が導入されています。

 

このポイントスライド時給制というのは、時給が固定されておらず、あなたが指名された本数や同伴した本数をポイント化して、その合計ポイントによって時給が決まるシステムのことです。

 

中には、あなたが売り上げた金額によって時給が変動するシステムを採用してるお店もあります。

 

風俗店と違って、キャバクラは時給制なのでお店に出勤すればお給料が0円ということはありません。

 

また、キャバクラはお給料以外にもお客様からプレゼントをもらったり、食事をご馳走してもらえる機会が多いのも特徴です。

 

結局、どちらが稼げるかはあなたの個性や実力次第によります。

人には向き不向きがあるからです。

 

実はキャバクラのバイトで稼いでいた女の子が、もっと稼ぎたくて風俗業界に入ってみたが、結局全然稼ぐことができなかったということもよくあります。

 

そのため、どちらの方があなたに向いてるのかよく考えてからお仕事を始めてください。

 

もしどちらが良いのか分からないときは、体験入店してみてから決めるのも一つの手です。

肉体面

身体のことを考えれば、圧倒的に風俗のお仕事の方が大変です。

 

しかも、どれだけ注意しても性病のリスクがついてまわります。

 

逆にキャバクラのお仕事はお酒を飲まされることがあり、アフターなどがあります。

精神面

風俗では基本的に接客中だけお客様に営業をかければいいですが、キャバクラは接客時以外にもお客様と食事に行ったり、メールを送ったりと営業をかける必要があります。

 

女の子を「口説く」のが目当てで来店するお客様が多いのもキャバクラの方になります。

 

風俗の場合は仕事とプライベートを完全に分けることができますが、キャバクラの場合はプライベートの時間も使って営業しなくてはいけません。

 

そう言った意味ではキャバクラのお仕事は精神的に疲れます。

 

しかし、風俗のお仕事は好きでもない相手とキスをしたりフェラチオをしたりする必要があるので、精神的にも辛く、とてもストレスの貯まるお仕事です。

 

もし仕事とプライベートを完全に分けて稼ぎたい方は、風俗のお仕事の方がおすすめです。

キャバクラで働くメリットとデメリット

メリット
○時給が高い
○華やかな世界で働ける
デメリット
×生活が不規則になる
×24時間お客様と連絡を取らないといけない
×個人で売上をあげないといけない

風俗で働くメリットとデメリット

メリット
○時給換算すると60分1万円
○お店が集客してくれるので、24時間お客様と連絡を取らなくても良い
○自由出勤
○ノルマ・罰金がない
○待機中に好きなことができる
デメリット
×性病にかかる危険性がある
×好きでもない男性に性的サービスをしないといけない
×家族や彼氏に風俗で働いてることを言えない

PAGE TOP